FANDOM


ダイイング・ガル号の乗組員(crew of the Dying Gull)とは、<ダイイング・ガル号>で働いた海賊の乗組員である。有名なジャック・スパロウキャプテンだったにもかかわらず比較的小規模な集団で、彼らの計画や作戦は失敗することが多かった。

1751年ごろ、強盗が失敗すると乗組員全員がスパロウのもとを去ったが、まもなくしてヘンリー・ターナーがスパロウとカリーナ・スミス救出のために金を払うと全員が戻ってきた。そしてそのまま航海に出たのであった。ポセイドンの槍探索において、恐るべきカピタンアルマンド・サラザールその乗組員に追跡されたスパロウ、スミス、ターナーは島に逃げ延び、残された<ガル号>の乗組員たちは残忍なジョン・スカーフィールド大尉率いる<エセックス号>の捕虜となった。<エセックス号>から脱出した<ガル号>の乗組員は<ブラックパール号>の乗組員と合流した。

登場作品編集