FANDOM


マーガレット・スミス(Margaret Smyth)とは天文学者カリーナ・スミスの母親である。

経歴編集

人生のあるとき、マーガレットは悪名高い海賊ヘクター・バルボッサジャック・スパロウと知り合った。海賊に対する戦争ののち、マーガレットはバルボッサと娘のカリーナを身ごもったが、マーガレットは出産後まもなく死亡した。バルボッサは生まれた娘をイングランドの孤児院に預けた。

登場作品編集

脚注編集

  1. パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 カリーナ・スミスの冒険』によれば、映画のイベントが発生した時点でカリーナ・スミスは19歳である。『最後の海賊』は1751年の設定であるためカリーナは1732年生まれとなり、マーガレットはカリーナの出産により死亡したため。